Sake Nation “Praying for World Peace”
2022-05-11

By Kosuke Kuji

Shocking news of Russia invading Ukraine rattled Japan in the end of February 2022.
A nation that relinquished war based on the three non-nuclear principles and Article 9 of the Japanese Constitution, Japan advocates for peace. Therefore, it never occurred to the Japanese that a major invasion and war would start during the Reiwa Era (2019~).
We pray this conflict will end quickly for peace to return.
To enjoy “alcoholic beverages” like Japanese sake, beer, and wine requires peace.
Needless to say, no one would drink alcohol on the battlefield.
Recently, I’ve contemplated how our family business of sake production passed down through generations requires “peace” to operate.
Japanese sake exports are purchased in high volumes by nations such as the U.S., China, etc. and also Russia.
The Consulate-General of Japan in Vladivostok was planning to organize a remote Japanese sake seminar and sampling event in early March.
After thorough preparation including a rehearsal was complete, Russia invaded Ukraine a day later, causing the event to be canceled.
Our disappointment over the canceled event was overpowered by our agony over the sad plight of Ukrainian refugees and the agony of Russians protesting the war.
We sincerely pray for peace to return as soon as possible for Ukraine and Russia to enjoy delicious cuisine and sake.

酒豪大陸「世界平和を願う」

2022年2月末、ロシアがウクライナへの侵攻をはじめたという、衝撃的なニュースが日本に流れました。
日本は非核三原則、憲法9条の理念など、戦争を放棄して平和を願う国ですから、まさか令和の時代にこのような大きな侵略戦争がおきるなんて、想像もしていませんでした。
あらためて、この争いが早く終息し、平和がおとずれることを祈ります。
日本酒を飲む、ビールを飲む、ワインを飲む。
これらの「お酒」を飲むという行為は、平和な日常がなければできません。
戦場でお酒を飲む、というのはまず無いでしょう。
私達が代々受け継いでいる家業である日本酒の酒造りは、そういった「平和」が前提の商売んだとつくづく今回思いました。
日本酒の輸出はアメリカや中国などが数量の多い国ですが、ロシアにも日本酒は輸出されています。
実際今回、3月はじめにウラジオストック日本総領事館が主催しての日本酒セミナーと試飲会がリモートで行われる予定でした。
リハーサルまでやって、準備万端でしたが、なんとそのリハーサルの次の日にロシアがウクライナに侵攻をはじめ、即座にイベントは中止になってしまいました。
残念ではありますが、それ以上にウクライナの避難している人たちの悲しみや、ロシアの中でも反戦を掲げる人たちの苦しみを思うとやりきれません。
早く平和が戻って、またおいしい和食と日本酒を楽しめる時がロシアにもウクライナにも戻る事を心から願っています。


Back