Sake Nation “Alcohol service banned under the State of Emergency in Japan”
2021-07-07

By Kosuke Kuji

Japan during the “Golden Week” (April 29 ~ May 5) declared their third state of emergency.
The justification was to stop crowds from gathering as much as possible, which is understandable.
Healthcare facilities face staff shortages in Osaka and Hyogo prefectures, while the number of people infected by the coronavirus in Tokyo continues to rise.
However, the most shocking stipulation from the state of emergency was the ban of alcohol service in restaurants.
Serving alcohol does not spread the coronavirus, and clusters at restaurants are low compared to nursing homes and businesses, yet restaurants were banned from serving alcohol despite no evidence to support the ban.
We sake breweries were shocked by this ban.
Needless to say, in addition to Japanese sake, shochu, whiskey, beer, wine, and all other alcoholic beverages cannot be served in restaurants.
Is there any other country in the world banning alcohol service as a measure to prevent the spread of the coronavirus?
Crowds still gather despite the Japanese government extending the short-term state of emergency. Therefore, rather than declare a short-term state of emergency, the best approach would be to limit indoor seating to 30% capacity, raise to 50% once the infection slows down, drop down to 30% capacity again if the coronavirus spreads, and request businesses to suspend operations once the risk gets too high in my opinion.
However, compensation to businesses in Japan for suspending operations is low compared to that of other nations. Since the suspension is “requested” rather than ordered, the “reward” is low, contributing to the problem.
I want to ask the world, “Is alcohol to be blamed?” “Does alcohol service spread the coronavirus?”

酒豪大陸「日本の緊急事態宣言でアルコールが悪者に」

日本ではゴールデンウィークの期間中、3回目の緊急事態宣言が発令されました。
人流を出来るだけ止める、という大義名分ですが、それは十分に理解が出来ます。
実際に大阪や兵庫などは医療がひっ迫していますし、東京の感染者も増加傾向が止まりません。
しかし、今回の緊急事態宣言で一番ショックだったのは飲食店のアルコール提供禁止、でした。
決してアルコールがコロナを広めているわけではありませんし、もっと言うと飲食店でのクラスターは介護施設や職場、家庭などと比べても順位は低く、エビデンスも示されぬまま、アルコールを提供する飲食店が悪者、とされてしまいました。
これには私達蔵元も大ショックでした。
もちろん、日本酒だけではなく、焼酎、ウィスキー、ビール、ワイン、全てのアルコールが悪者です。
世界中でこんなアルコールを狙い撃ちしたコロナ対策をやっている国はあるのでしょうか?
また、時短要請ばかり進めて、結局は密を作ってしまう。だったら、時短ではなく、海外でもみんなそうしているように、入店人数制限をして、満席の30%までとか、コロナが落ち着いてきたら50%にするとか、またコロナが広がったら30%にするとか、最終的に危機的な状況になったら休業要請、が正しいと思います。
しかし、日本は休業補償も海外と比べたら微々たるもので、それが命令ではなく「お願い」でやっているので、その「謝礼」程度しか出ないことも問題なのでしょう。
いずれ、「お酒は悪者ですか?」「お酒はコロナを広めてますか?」
世界中に問いたいです。


Back