Sake Nation “NON GMO Certification: Part I”
2021-04-01

By Kosuke Kuji

As the impact from the novel COVID-19 coronavirus spreads worldwide, the world continues to face major challenges in the aftermath of the pandemic. As the vaccination starts, a ray of hope is finally visible.
In the midst of this coronavirus era, Japanese sake was certified as “NON GMO” for the first time. This time, Japanese liquor was also certified as NON GMO. Nearly two years of preparation and application finally resulted in an international certification by the U.S. (https://www.nongmoproject.org/).
Why is Japanese sake certified as “NON GMO?”
Our sake brand was certified as “Kosher” (compliant with Jewish dietary laws) in 2013, the second Japanese sake brewery to be certified Kosher following “Dassai” of Yamaguchi prefecture.
Obtaining kosher certification widened our opportunities to reach a wider demographic of consumers beyond the certain group of foreign nationals interested in Japanese cuisine or Japan.
As the Kosher market expands, especially in the U.S., other renowned sake brands like Hakkaisan, Kikusui, etc., were also certified Kosher.
Afterwards, when we asked local American consumers who frequent Kosher markets we were asked several times in return why Japanese sake is not certified “Vegan” also, since sake is produced from only rice and water.
Afterwards, the first Japanese sake brand received international Vegan certification in 2019.
In the midst of this flow, the U.S. market is sensing heightened demand for health-conscious, pure food products.
To be continued in the next issue.


酒豪大陸「NON GMO認定 その1」

新型コロナウィルスの被害が世界的に広がる中、世界が今大変な苦労をしています。
しかし、ワクチン接種も始まり、一筋の明るい希望の光が見えてきました。
そんな、コロナの時代ですが、日本酒で初めて「NON GMO」の認定を受けることが出来ました。なお今回はリキュールでも認定を受けております。
2年近く準備と申請に時間がかかりましたが、アメリカのhttps://www.nongmoproject.org/
からの国際認定をいただきました。
なぜ日本酒が「NON GMO」認定を受けたのか。
そもそも弊社は2013年にユダヤ教の食事規定である「コーシャ」の認定を受けました。
これは、山口県の「獺祭」に続いて、日本の酒蔵では2番目の認定でした。
コーシャの認定を受けることで、今まで日本食や日本に興味のある一定の外国人以外の方々に日本酒を広めていける可能性が広がりました。
アメリカでは特にコーシャマーケットが広がっていて、その後、八海山や菊水などの有名銘柄もコーシャの認定を取得していきます。
その後、コーシャマーケットに行くアメリカ人の皆さんに聞いてみたところ、日本酒は米と水だけで造るのだろうけど、なぜ「ヴィーガン」の認定を取らないのか、と何度か言われました。
その後、2019年に世界初の日本酒でのヴィーガン国際認定をいただきました。
その流れの中で、確実にアメリカの市場では健康志向、純粋志向が高まっていることを感じてきました。
次回に続きます。


Back