“Business Projects Introduced Online by Sake Breweries during the Coronavirus Era: Part 3”
2021-01-27

By Kosuke Kuji

Since Japan’s nationwide state of emergency declaration ended, gradual efforts started to recover the economy while stopping the spread of the coronavirus. Along with Japan as the Japanese continue to fight the novel coronavirus; the world is also experiencing shutdown fatigue.
In Japan, those who don’t quarantine voluntarily face harsh online criticism by the “quarantine police,” with many criticizing others unnecessarily, indicating a notable rise in mental illnesses among the Japanese.
In a time when no one knows when the shutdown will end, maintaining a sound mind may be difficult.
Is there a way to heal the minds of the Japanese with delicious sake? Japanese sake rejuvenates both the body and the mind. Sake breweries reflected on how to heal the minds of the Japanese through delicious sake.
The answer reached was “kanpai” (cheers!).
“Kanpai” is a gesture of toasting to celebrate joyous occasions or when socializing, a gesture to fulfill a “wish” or “desire” to “pray for ○○.” Examining the current state of the world, we discussed the need to “kanpai” to “pray for an end to the novel coronavirus pandemic.”
https://www.youtube.com/watch?v=h2I--2FhVdE&t=8s
Sake breweries, shochu and Awamori distilleries, etc., are spread across 47 prefectures throughout Japan. We decided to unite as one and create a video of us toasting “kanpai,” praying for an end to the novel coronavirus pandemic. The title of this video project is “Let’s Connect! A Relay Across 47 Prefectures Throughout Japan,” showing sake brewers pouring sake in various regions from Hokkaido to Okinawa, and ends with a kanpai together with all participants and viewers watching.
This video project was a major success, met with interview requests from various TV stations across 47 prefectures. YouTube views exceeded 10,000 views. Let’s unite hearts as one across Japan to overcome these difficult times and kanpai together with a smile once the novel coronavirus pandemic ends.

「コロナ時代の蔵元の発信事業 その3」

政府の緊急事態宣言も解除され、少しずつ経済と感染症対策の両立を目指し日本は前に進んでいく事になりました。そんな中、新型コロナウィルスという未知の敵と戦っている日本中、そして世界中の人々の心はかなり疲弊していました。
日本では自粛をしないことを猛烈に批判する自粛警察と呼ばれる人たちがネット上に現れたり、他人をネット上で必要以上に誹謗中傷する人が増えたりと、どんどんこの日本という国の人々の心が病んでいきました。
いつ終息するかも誰もわからない状況で、平常心を保つことは難しいのかもしれません。
疲弊した日本人の心を何とか日本酒で救えないか、日本酒は心と体を癒す素晴らしいお酒です。日本酒の蔵元だからそんな日本酒をとおして疲れ切った人々の心を少しでも癒せないか私達は考えました。
そこで出てきた答えが「乾杯」でした。
「乾杯」はめでたい時、楽しい時にする行為ですが、そもそも乾杯というのは「○○を祈願して」「○○を祈念して」という「願い」や「想い」を成就するために行う行為でもあり、今の世界の現状を鑑みると、これはもう「新型コロナウィルスの終息を祈願して」「乾杯」をするべきではないかという話になりました。
さらに、私達日本酒の蔵元と焼酎、泡盛など「國酒」の蔵元は、日本全国47都道府県全てにあり、日本の心をひとつにして新型コロナウィルスの終息を願う乾杯をする、という動画を作成する事になりました。タイトルは「繋げ!47都道府県乾杯リレー」として、北海道から沖縄まで國酒の蔵元がお酌でリレーを繋げながら、最後は全員で見ていただいている皆さんと乾杯する動画になります。
https://www.youtube.com/watch?v=h2I--2FhVdE&t=8s
この発信は大成功し、47都道府県各地のテレビ局から取材が殺到。ユーチューブの視聴回数は1万回を越えました。日本全国心をひとつにしてこの困難を乗り切って行き、新型コロナが終息したらまた笑顔で乾杯したいですね。


Back