Rubbing Alcohol Manufactured by Sake Producers: Part 1
2020-08-21

By Kosuke Kuji

Due to the global novel coronavirus pandemic, the entire world is still fighting the coronavirus today.
Since the Japanese constitution does not allow for a nationally enforced shutdown, the Japanese government declared a nationwide “state of emergency” and “requested” the general public voluntarily stay home.
As the novel coronavirus spreads, the greatest concern is the medical institutions.
With the usual medical services unavailable, the coronavirus spreading inside medical institutions could get doctors and nurses treating the coronavirus patients in the front lines infected, which could halt the medical services provided inside the hospital. The coronavirus did spread inside one Japanese medical institution, where medical services did stop briefly.
Healthcare providers working at these medical institutions are in the front lines fighting the novel coronavirus despite their own risk for infection.
I started to notice the desperate need for supplies lacking among these healthcare providers in the front lines.
“We don’t have enough rubbing alcohol.”
The novel coronavirus can be killed by sterilization with rubbing alcohol.
While healthcare workers regularly use rubbing alcohol even before the coronavirus outbreak, the pandemic caused a shortage of rubbing alcohol among medical institutions.
Despite the best efforts by the Japanese Ministry of Health, Labour and Welfare to supply rubbing alcohol for medical purposes, meeting the high demand for supply was proven difficult due to the ongoing pandemic.
With insufficient supply of rubbing alcohol in the midst of the coronavirus pandemic, I wondered how I could help as I questioned myself daily in search of a solution.




酒豪大陸「酒類業者による消毒用アルコールの製造 その1」

新型コロナウィルスの被害が世界に広がり、世界中が今ウィルスと戦っています。
日本では強制的なシャットダウンが憲法上出来ない事もあり、「緊急事態宣言」を政府が出し、それに伴い自粛の「お願い」を続けていました。
新型コロナウィルスの被害が広がって、一番困るのが医療機関です。
通常の医療も受けられなくなり、コロナが院内感染すれば、救う方のお医者さんや看護師さんも感染してしまい、病院での医療がストップしてしまいます。
実際に、日本でも医療機関で院内感染が起きてしまい、医療提供がストップしてしまったこともありました。
今回の新型コロナウィルスとの戦いで、最前線で戦っているのは、まさにこのような医療機関への医療従事者の皆さんであり、自らの感染のリスクを知りながら、懸命に戦ってくれています。
しかし、その医療関係の皆さんから悲鳴のような声が私には聞こえてきました。
「消毒用のアルコールが不足している」
新型コロナウィルスはアルコール殺菌をすることで死滅します。
医療関係の皆さんは日常的に今までも消毒アルコールを使って消毒をしていましたが、コロナの大流行により、医療機関に消毒用のアルコールがまわらなくなっていたのです。
厚生労働省も努力をして医療用のアルコールを供給するために全力で頑張っていますが、大流行により物理的に供給が難しい事がわかりました。
世の中からすっかり消毒用アルコールが消えてしまったコロナの世界。
私に何か出来る事は無いか。自問自答の日々が続きました。


Back